NEW

「ガンが消えた」はアリ? ブームの健康本どこまで許されるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

gangakieta_1_140713.jpg
『食べものだけで余命3か月のガンが消えた』(幻冬舎)

 日本でもっとも多い死亡原因はガンであるというのは、みなさんご存じの通りだろう。2013年度も死亡率が高い疾患ワースト1位はやっぱりガンで、その数は36万5000人。4人に1人はガンで亡くなるということになる。

 そんななか、いま注目を集めている本がある。それは『食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ』(高遠智子/幻冬舎)。“ガンが消えた”“全身末期ガンから生還”と、にわかには信じがたい言葉がタイトルに並んだこの本だが、なんと発売からわずか1か月で20万部を超えるベストセラーを記録しているのだ。──いったい、どうしたらガンが消えるというのか。本書を読んでみよう。

 まず、著者である高遠氏は、万遊製薬(現MSD)に勤務していた28歳のときに「予後の悪い卵巣ガンでステージ4」「余命はおそらく半年」と宣告される。最初の手術では「余命わずかなので」身体に負担をかけないよう「最小限の手術」が行われた。続いて抗ガン剤治療と放射線治療がスタート。治療と再発を繰り返しながらも、3年近くが経過したという。