NEW

祇園祭、寺院、町家…京都本の取材で飛びかう“謎のお金”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

gion_01_140713.jpg
京都のガイドブック制作には、京都ならではのなみなみならぬ苦労が……

 夏本番の暑さを迎える7月。京都は日本三大祭に数えられる祇園祭一色に染まる。しかも、今年は前祭(さきまつり)に統合されていた後祭(あとまつり)が49年ぶりに復活。ハイライトである山鉾巡行が2回行われ、かつて巡行のしんがりをつとめた大船鉾が150年ぶりに復興することもあり、いっそうの盛り上がりを見せているのだ。

 ぜひ、ガイドブックを片手に、この夏京都を訪れてみてほしいのだが……じつはそんな熱に浮かされることなく冷や汗をかいているのが、ガイドブックを発行する各出版社だ。山鉾巡行が2回行われることで、来場者数が増えて本の売れ行きもよくなる、なんてお気楽ムードはない。祇園祭のスケジュールが大きく変わったことで、今まで発行していた書籍の改訂や新刊の発行に追われて大わらわ。しかも、単に加筆修正したり、新しく本を作るだけならまだしも、そこには悠久の歴史を誇る京都ならではの“お金の問題”が横たわっているのだ。

 その問題とは、祇園祭の主役ともいえる山鉾の写真。巡行当日は、プロやアマチュアを問わず、多くのカメラマンが迫力ある山鉾を撮ろうとシャッターを切る。ここまではいいのだが、この撮影した山鉾の写真を雑誌や書籍に掲載するとなると、お金を払わなければいけない。別に写真を貸してもらったわけでもないのに、お金がかかるのだ。東京在住の編集者なら「え、なんでお金を払うの?」とびっくりするだろう。