NEW

映画『渇き。』では女子高生ラッパーも起用 中島哲也監督の“攻めた”楽曲リストをたどる

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 先日より公開が始まった中島哲也監督の最新作『渇き。』が、何かと話題を振りまいている。プロの批評家のみならず観客の感想は賛否両論、そのくせ「学生1000円」の割引き効果もあり劇場は連日にぎわっているという。

 カラフルでポップな映像、時代を鋭くえぐるテーマ性など、中島作品にはその作家性を表すキーワードがいくつかあるが、“音楽”もそのひとつ。有名アーティストのタイアップ曲が使われがちな昨今の日本映画の中では、かなりきちんと選曲がなされているのがわかる。それも国内/海外問わず若手アーティストの楽曲だったり、昭和の懐メロだったりとまさに縦横無尽といった体だ。ここではこれまで中島作品に起用された楽曲を振り返ってみようと思う。

続きはこちら