NEW

秋山成勲とSHIHO、愛娘が韓国で大人気子役&CM女王?秋山らも韓国芸能界で活躍

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ふたつの魂 HEEL or HERO』(秋山成勲/ベストセラーズ)
 現在、韓国ではある子役タレントの人気がものすごい勢いで高まっているのをご存じだろうか? その名をチュ・サランといい、数多くのCMに出演し、CM女王として活躍している。

「昨年、父親とともに、KBSの『スーパーマンが帰ってきた』という、親子番組に出演したところ、そのあどけない姿とかわいらしさに火がつき、大人気となりました。今では、少女時代やソン・スンホンなど、韓国の芸能界でもファンを公言する人が増え、共演オファーが殺到しているようです。韓国では彼女を見ない日はないというぐらい、テレビに出演しています」(韓国芸能事務所関係者)

 この父親とはなんと、あの格闘家の秋山成勲。桜庭和志との一戦で犯した、身体にオイルを塗るという違反行為、いわゆる“ヌルヌル事件”の人としてその名を記憶している人も多いのではないだろうか。最近では『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の名物コーナー「男気じゃんけん」にもたびたび出演している。そして秋山の妻でサランの母親は、日本でトップモデルとして活躍するSHIHOだ。現在は、梨花や岩堀せりなど他のトップモデルとともに、ファッション雑誌「オトナミューズ」(宝島社)の専属モデルとして活躍している。

「現在、秋山さんは韓国で本名のチュ・ソンフンという名で、タレントとして活躍しています。もともと韓国では柔道家としてはある程度の認知度はありました。桜庭との対戦の事件で格闘家としては活躍が難しくなり、韓国でタレントとしてデビューしていました。「SBS芸能大賞ベストエンターテイナー賞」を受賞したこともあるほどの人気者で、その授賞式にはSHIHOさんも出席していました」(前出・韓国芸能事務所関係者)

●秋山とSHIHOも韓国で活躍

 そんなふたりの愛娘は韓国で大活躍し、出演料もうなぎ上りで上昇中。テレビ番組以外でも現在、8本のCMに出演しており、なんと1本当たりの年間契約料は約2億ウォン(約2000万円)にも上るといわれている。

「この出演料はトップ女優レベルであり、子役の出演料としては聞いたことがありません。もともと、KBSは国営放送なので、民放のSBSやMBCほどは出演料は高くありません。よって、CMの出演料が主な収入源となっているのです」(韓国テレビ局関係者)

 そして、日本ではあまりテレビ番組には出ないSHIHOが、韓国では秋山、サランとともに出まくっているのだ。それも韓国語を駆使し、モデルとしてはあり得ないスッピンでだ。

「ふたりとも日本では、サランが韓国で人気子役として活躍していることは一切話しません。やはり、嫌韓ブームを意識しているのでしょうか。また、ふたりともいつの間にか韓国での活動のため、同国の芸能事務所にも所属していたのには驚きです」(芸能事務所関係者)

 サラン人気に乗り、秋山とSHIHOもその活動の拠点を韓国に移す日が近いのかもしれない。
(文=編集部)