NEW

浅野忠信と二階堂ふみの『私の男』に林真理子が「薄汚い父娘」と酷評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

asanotadanobu_01_140717.jpg
映画『私の男』公式サイトより


 映画『私の男』の評判がいい。モスクワ国際映画祭でグランプリを受賞。主演の浅野忠信も最優秀主演男優賞を受賞した。震災で家族を失った少女と、引き取った遠縁の男の近親相姦を描いた問題作で、受賞した浅野はもちろん、少女役の二階堂ふみも、その演技を絶賛されている。二階堂が18歳になるのを待って撮影したといわれる、激しい濡れ場も話題だ。

 ところが、先日、二階堂ふみ、浅野忠信、熊切和嘉監督らによる受賞記念の舞台挨拶でちょっとしたハプニングが起きた。観客からの質疑応答で、近親相姦の被害者という女性の観客から疑問が投げかけられたのだ。

「私は近親相姦の被害者です。浅野さん演じるお父さんは加害者。二階堂さん演じる花さんは、未成年だから被害者。一般の人たちはアダルトビデオでしか知らないと思いますが、あまり美化されてしまうと……」

 この突然の質問に、場内は静まり返ったという。壇上の熊切監督は「美化して描いたというつもりはない。そこにある厳しさをもって描いたつもり」と震える声で答え、主演の浅野も「見る方によって思い出させたりすることがあるならば、申し訳ない」と謝罪をするのが精一杯だった。

 だが、こうした反応は当然といえるかもしれない。実をいうと、この『私の男』は原作の段階から非常に物議をかもした作品だった。作者は桜庭一樹で、2008年第138回直木賞の受賞作なのだが、一部の選考委員から厳しい批判を受けていた。