NEW

“原発事故は無害”と報じたあの週刊誌の女性記者が描く苦悩とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

kyoukainomati_001_140722.jpg
『境界の町で』(リトルモア)

 未曾有の災害をもたらした東日本大震災から3年半。この間、多くの関連書籍が出版されているが、そんな中で異色のノンフィクションが出版された。

 本のタイトルは『境界の町で』(岡映里/リトルモア)。大手週刊誌所属とおぼしき女性記者が、原発事故取材時の体験と思いを描いた作品だ。しかも、この中では「原発は人体に影響がない」という記事を掲載した週刊誌で働く苦悩、その編集部の意外な実態も明かされている。

 ただ、この作品は原発事故の詳細を追ったルポルタージュや週刊誌の内幕暴露本ではない。

「私という人間は、誰からも必要とされていない、誰も必要としていない。それは震災で浮き彫りになった」

 自らの心情を吐露するこんなプロローグからもわかるように、その内容はむしろ、私小説的なノンフィクションといったほうがいいだろう。

 未曾有の災害で、多くの人々が家族や友人の安否確認に走る中、「誰からも心配されなかったし、誰からも探してもらえなかった」33歳の作者は、原発事故渦中の福島に行き、ある30代の原発作業員であり若い衆を取りまとめる“彼”に出会う。“彼”から話を聞き、メディアの人間が誰も入ろうとしない警戒区域にも一緒に行く中で、自分を受け入れてくれた“彼”に作者は次第に惹かれていく。