NEW

慶應幼稚舎に金で入るにはいくらかかる? コネ入学者の割合は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

keiouyoutchisha_01_140722.jpg
『慶應幼稚舎と慶應横浜初等部』(朝日新書)

 秋元康、郷ひろみ、清原和博、松岡修三──。これら著名人の共通項が何かお分かりだろうか。そう、お受験の最高峰といわれる慶應義塾幼稚舎に子息を入学させた面々だ。慶應義塾大学の付属小学校である慶應幼稚舎は、そのユニークで自由な教育方針、強固なブランド力で、お受験ママから絶大な人気を誇る小学校である。

 そんな慶應幼稚舎に変化が起きたのは2013年4月のことだった。同じ付属小学校として慶應義塾横浜初等部が新設されたのだ。しかも、創立早々、本家・慶應幼稚舎を凌ぐほどの人気学校となっている。

 いったいこの2つの付属小学校はどんな学校なのか。どういう差があるのか。そして、お受験にまつわるあの噂は本当なのか?

 幼児教室「アンテナ・プレスクール」校長で、お受験界のカリスマといわれる石井至氏が著した『慶應幼稚舎と慶應横浜初等部』(朝日新書)には、2つの付属小学校にまつわる驚くべき裏話が暴かれていた。