NEW

篠田麻里子ブランド倒産、原因は元愛人AKB運営元社長失脚による資金援助切れ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『篠田麻里子 Yes and No Mariko Shinoda』 (MORE編集部/集英社)
 7月16日、元AKB48でタレントの篠田麻里子がプロデュースするファッションブランド「ricori(リコリ)」が、7月15日をもって全3店舗を閉鎖すると発表。リコリの運営会社である株式会社リゴレも営業を停止し、自己破産すると報じられた。

 7月16日付帝国データバンク記事によると、「ricori」は10~20代の女性をメインターゲットとし、婦人服やシューズ、アクセサリー類を販売、それらの監修やデザインを篠田が行っていたという。また、2013年2月に「ルミネエスト新宿店」を出店すると、同年3月には「HEP FIVE店」「心斎橋オーパ店」、同年8月には「博多阪急店」と次々に出店するほか、ネット通販事業も手がけていた。しかし、昨年8月には心斎橋オーパ店を閉店し、HEP FIVE店と統合していた。

 突然の全店閉店の裏には何があったのか。7月24日発売の「週刊文春」(文藝春秋/7月31日号)は、AKB48の運営会社AKS社長、窪田康志氏の突然の退任が関係している報じている。かねてより、AKS内では窪田氏の放漫経営が問題となっており、業を煮やしたAKSの親会社であるパチンコメーカー京楽が、窪田氏の持つAKSの株を買取り、社長退任を決定したという。窪田氏の問題経営には不透明な資金の流れも含まれ、そのひとつとして、AKSからリゴレへの巨額な貸し付けがあったというのが、「文春」の見立てだ。さらに、窪田氏が篠田のブランドに大金を注ぎ込んだ理由として、かつて同誌が報じたように、2人が愛人関係にあったからとの見方もあるようだ。

 また、24日発売の「週刊新潮」(新潮社/同号)では、ファッション誌の編集者が閉店の理由について「新ブランドを立ち上げる時には、ファッション誌と“コラボ”するのが常識」にもかかわらず、それを怠ったことなどをあげている。また、ルミネエスト新宿店は好立地のためテナント料が高かったことが、経営を圧迫したとも指摘している。

 今回の閉店についてネット上では、「デザイン可愛くないし、値段は高いってそりゃ売れないよ」「(篠田の)私服ダサいのに、ブランド立ち上げることに無理がある」「税金対策のためにとりあえず出店してみたんでしょ」と厳しい声が聞かれる。

●数多いタレントの副業例

 タレントが関与した店舗やブランド運営といえば、1980年代が全盛で、東京・原宿の竹下通りにビートたけしの「元気が出るハウス」や「北野印度会社」、山田邦子の「やまだかつてないショップ」、酒井法子の「のりピーハウス」などの多くのタレントショップが軒を連ねた。

 最近では、はるな愛が、お好み焼き、鉄板焼き、バーの3店舗を経営し、千秋は04年からベビー服メーカーとコラボしたブランドで年商50億円、また12年から始めたパワーストーンの通販ショップも大成功しているという。さらに、神田うのはパンストやウェディングドレス事業で年商100億円レベルとも報じられた。ほかにも、紗栄子はコスメブランドや洋服プロデュース、梨花はライフスタイルショップ、若益つばさはコスメブランド、辻希美は子ども服ブランドをそれぞれプロデュースするなど、多くのタレントが副業で成功している。