NEW

『やりすぎ都市伝説』フリーメーソン&イルミナティ陰謀論に捏造?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

yarisugi_01_140728.jpg
『Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説4』(竹書房)

 謎の秘密組織が、世界の政治・経済を裏で操っている! そんな「陰謀論」の代表選手といえば、フリーメーソンになるだろう。その勢力は世界中に広がっているとされ、もちろん日本も例外ではない。

 たとえば、六本木ヒルズやミッドタウンを所有し、最近、虎ノ門ヒルズをつくって話題になっている森ビルには、かなり前からメーソン説がささやかれているし、スターバックスや三菱、さらには東京スカイツリーにも、「ピラミッドと目」という彼らのマークとの類似性が語られている。

 そんなフリーメーソン陰謀説を最近の若者にしらしめたのは、芸人のセキルバーグこと関暁夫だ。先日も『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル 2014夏』(テレビ東京)でフリーメーソンを取り上げ、「人類を洗脳支配しようとしている闇の勢力が存在するのです」と吠えていた。

 都市伝説で有名になった関だが、すっかり陰謀論者へと活動をシフトしてしまったようだ。ベストセラー『関暁夫の都市伝説』(竹書房)でもシリーズが進むにつれ、次々とフリーメーソンの陰謀を暴きだそうとしている。関の言うとおり、世界は彼らの手の上で転がされているのだろうか?