NEW

警察の不正、新聞社の屈服、現場の敗北…権力に屈するジャーナリズムの真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

512Jl0HZEjL._SL500_AA300_.jpg
画像は、『真実 新聞が警察に跪いた日』(角川書店)より

“北海道警裏金事件”をご存じだろうか。北海道警察が過去長期間において、空の捜査費用請求や偽領収書作成などをし、総額7億1500万円もの不正支出を計上。その費用を警視以上の幹部が私的流用していた事件だ。2003年、北海道新聞が特集を組んで追及を開始し、大きな社会問題に発展。処分者数は約3,000人に及ぶ大規模不祥事事件となった。

 警察の不正、新聞社の屈服、現場の敗北……、本書を読み、筆者は憤りを禁じ得なかった。『真実 新聞が警察に跪いた(ひざまずいた)日』(角川書店)は、元北海道新聞報道本部次長で、当時、北海道警裏金事件報道のデスクを担当していた高田昌幸氏が、事件の発端から取材の経過、裁判闘争の顛末を描いたノンフィクションだ。

続きは【トカナ】で読む