NEW

キスマイ宮田「カラオケで告白」に失敗 同じ台詞を繰り返し「おじいちゃん」との評価も

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140425-kismyft.jpg

体当たり企画でブレイク中のKis-My-Ft2。

【リアルサウンドより】

 Kis-My-Ft2の冠番組『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ)の8月1日放送回に、同番組のファンだという女優・川口春奈がゲスト出演。メンバーがそれぞれ「カラオケの間奏中に素敵な告白」という設定の小芝居を披露した。

 同番組は、Kis-My-Ft2のメンバーが“自分のカッコ良さが最も出る瞬間”をテーマに、各メンバーが本気で“かっこいい”と思うシーンを考え、自らが主演した映像を制作。そのセルフプロデュースした映像を、キスマイのことをよく知らない女性100人に審査してもらい、1位(=チョーカッコイイ)から7位(=BUSAIKU)まで順位付けされるという、ジャニーズらしからぬ体当たりな企画が売りだ。

 まず最初に映像が発表されたのは、第3位にランクインした北山宏光。彼は久保田利伸の「Missing」の間奏中に相手役であるマイコの顔をじっと見つめ「実は1年前からマイコさんのことが好きでした」と告白。その振る舞いに一般女性からは「誠実な告白」「今日はチャラくないね」といった声が寄せられた。第2位は玉森裕太。玉森はチェッカーズの「夜明けのブレス」を選曲。「もしかしたら気づいてたかもしれないけど、ずっとマイコのこと好きだったんだ」と告白し、すぐに歌い上げる様子に、テロップには歌詞にちなんだ「私の全てを守ってください」などといった声が並んだ。VTRが流れたあと、スタジオでは宮田俊哉が「個のロケの少し前に、玉(玉森の愛称)から『カラオケ行こうぜ』って電話があって。一曲目に『夜明けのブレス』を歌っていた。もしかして練習してた?(笑)」と裏話を暴露し、玉森が「言うなよ。もう最悪」と照れる一幕も。

続きはこちら