NEW

もう一度いう。ジブリ解散も撤退もない、そして次回作はコレだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

marny_140719.jpg
映画『思い出のマーニー』公式サイトより


 ジブリ解散説をめぐって、本サイト「リテラ」が「作画スタッフを人員整理しているのは事実だが、解散はない」と書いたのは8月2日。ところが、8月4日なって再び「夕刊フジ」と同紙のサイト「ZAKZAK」が「ジブリアニメ撤退」と報道。「yahoo!」でも取り上げられ、大きな反響を呼んでいる。

「夕刊フジ」の記事によると、ジブリは今年春に制作部門を解体し、映画製作から撤退。「思い出のマーニー」が同社の最後の作品になりそうだという。

 だが、8月2日の原稿でも書いたように、常駐スタッフを解雇して現行の制作部門を解体するからといって、イコール、ジブリ解散でもなければ、アニメ制作からの撤退でもない。アニメーション業界ではもともとほとんどの会社が常駐スタッフをおいていない。作品ごとにフリーのアニメーターを集め、制作が終わると解散、というのが普通なのだ。

「宮崎(駿)監督が引退して、他の監督作品の興行収入では、その常駐スタッフの人件費をまかなえない。だから、他のアニメーション会社と同じようなフリーを使う体制に切り替える、それだけのことだと思いますよ。おそらく『思い出のマーニー』の米林宏昌監督と、宮崎さんの息子である吾朗さんの2人を看板監督に、これからも制作は続けるはず」(ジブリに詳しいアニメーション関係者)