NEW

あのベストセラーも! 引き寄せ系自己啓発本“焼き直し”の歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

genjitsuka_140811.jpg
『こうして、思考は現実になる』(サンマーク出版)

 本当に願ったのなら、欲しいものは全て手に入る! 全ての物質・出来事は宇宙に溢れるエネルギーであり、それは誰でも使うことが出来るからだ。宇宙エネルギーを呼び込むには、ただひたすら信じ、望みさえすればよい。その事実を「知識」ではなく「体験」として、2時間か48時間、もしくは一週間以内に証明してみよう。

 ──そんな触れ込みによる『こうして、思考は現実になる』(パム・グラウト/サンマーク出版)は日本だけでも15万部を突破、ベストセラーとなった。確かに「願うだけで望みがかなう」と力強く断言されれば、その本にあるノウハウを試してみたくなってくるだろう。
 
 本書の特色は、各章ごとに「実験レポートシート」を設け、短時間のうちに成果を自覚させるところにある。その実験内容も簡単かつ具体的で、「黄色の車と黄色の蝶を見ると願い、48時間でどれだけの数を見たかカウントする」「曲げた針金を持って、嫌なことや嬉しいことを想起。その感情によって針金が動くかどうかを見る」「欲しいものが手に入ると信じ、48時間以内にその願望がかなうかどうか」といったものばかりだ。それによって宇宙エネルギー、本書でいう「可能性のフィールド」=FPなるものの存在を自覚し、自在にアクセス出来るようになる、と……。
 
 事情を知らない人には驚きの内容かもしれないが、多少ともスピリチュアル系の知識があれば、「ああ、またこれか」と思うはずだ。これは数多くある「スピリチュアル系・自己啓発本」の中で、何度も繰り返されてきた言説である。というより、ほぼ同じ内容をパッケージのみ変えて繰り返してきたのが、このジャンルの歴史なのだ。