NEW

一青窈が『昼顔』主題歌に込めた“激情”とは? シンガーとしての新境地を分析

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140725_hitoto_a.jpg

【リアルサウンドより】

 すさまじくアグレッシヴな、そしてディープな歌だ。一青窈がこのタイミングでこうした曲をリリースしてくるとは予想していなかった。ニューシングル『他人の関係 feat. SOIL&“PIMP”SESSIONS』のことである。

 一青は今までに、数多くの昭和歌謡を歌ってきた。2005年にはライブのセットリストに歌謡曲のメドレーを取り入れていたし(ライブDVD『夢街バンスキング ~はいらんせ~』に収録)、2012年には昭和歌謡に焦点を当てたカバー集『歌窈曲』を発表している。「他人の関係」はそのアルバムでも歌われていたのでファンにはすでにおなじみではあるのだが、今回はまったくのニューバージョンとなってのシングルリリースである。

 そもそも「他人の関係」は、1973年に金井克子が歌って大ヒットした曲。大人の男女間の秘めごとめいた愛情を綴った歌なのだが、実はこの曲は、現在O.A中のフジテレビ系連続ドラマ 木曜劇場『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(出演:上戸彩、吉瀬美智子、斉藤工 他)の主題歌になることが最初から決まっていたという。というのも、このドラマのテーマは、不倫をしてしまう大人たちの心理にあるからだ。そして同番組の制作サイドはこの楽曲を前提にしてシンガーを選定する過程で、一青が過去にカバーした際の楽曲を耳にしオファーをした、という流れだったようだ。

続きはこちら