NEW

テレ東『ソロモン流』、視聴率低迷で打ち切り?後番組はジャニーズ司会のバラエティ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ東京本社(「Wikipedia」より/ITA-ATU)
 最近、好調が伝えられるテレビ東京。10月改編では、さらなる視聴率獲得のため名物番組が終了する危機にあるという。テレビ局関係者が話す。

「2005年10月から放送されてきた『ソロモン流』(日曜夜10時〜)が危ないと言われています。最近の平均視聴率はだいたい4〜6%台と振るわず、同時間帯の各局番組の中で最下位になる日も多いです。とはいえ、経済系ドキュメンタリーの『ガイアの夜明け』(火曜夜10時〜)、『カンブリア宮殿』(木曜夜10時~)に並ぶテレビ東京の柱となるドキュメンタリー番組と思われてきただけに意外です」

 別のテレビ局関係者はこう話す。

「実は、『ガイアの夜明け』や『カンブリア宮殿』も、視聴率的には『ソロモン流』と同程度で、決して局の看板といえるほどの視聴率は取っていません。ですが、テレビ東京の筆頭株主である日本経済新聞が大きく関わっている。そのため、2つは終わらないでしょう。もしくはリニューアルというかたちで残ると思います。しかし、『ソロモン流』が現在の時間帯から去ることは、ほぼ間違いありません。夜11時からTBSで同じドキュメンタリーの『情熱大陸』が放送されており、『ソロモン流』のほうが時間的に先の放送とはいえ、翌日から仕事の始まる日曜夜にドキュメンタリーを続けて見たいという視聴者は、そう多くないという判断も働いているでしょう」

●後番組は若手ジャニーズが司会?

   では、『ソロモン流』打ち切り後、同じ時間帯のテレ東ではどのような新番組がスタートするのか。

ジャニーズ系の番組が始まる予定と聞いています。実は、金曜を除いて夜10~11時台には必ずジャニーズ事務所所属タレントの冠番組があります。例えば、月曜日は『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)、火曜日は『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)、水曜日は『TOKIOカケル』(フジテレビ系)、木曜日は『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)、土曜日は『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)と『SmaSTATION!! 』(テレビ朝日系)、日曜日は『新堂本兄弟』(フジテレビ系)です。

 金曜日は冠番組こそありませんが、『たけしのニッポンのミカタ!』(テレビ東京系)でTOKIOの国分太一が司会をしていますから、全曜日の夜10~11時台を制覇しているといっていい。日曜日の『新堂本兄弟』は9月限りでの終了がウワサされていますし、ジャニーズ事務所がテレビ東京の日曜夜10時台を狙ってきたのかもしれません。一方のテレビ東京側にしても、同時間帯に他局でジャニーズタレントがレギュラー出演する番組はないので、ジャニーズファンを取り込める。そのため、双方の考えが合致したのではないでしょうか。具体的には、若手グループが司会のバラエティ番組などになる可能性が濃厚です」(同)

 もともとジャニーズタレントはテレビ東京の番組でテレビでの露出を始め、徐々に他局へ進出していくケースが多く見られる。また、6月にも、開局50周年特別企画番組『テレ東 音楽祭(初)』に、TOKIOやV6が出るなどベテラン勢とも良好な関係を見せていた。

 フジテレビで『堂本兄弟』が終わっても、テレビ東京で新鋭タレントを出していく。ジャニーズ事務所のテレビ戦略は抜け目がない。
(文=編集部)