NEW

女性器専門学校開校? シニア世代が今さら女性のアソコ研究に夢中に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

postgendai_01_140817.jpg
左/「週刊ポスト」(7月25日・8月1日合併号) 右/「週刊現代Special」(8月5日号)


 いまや「週刊ポスト」「週刊現代」という二大オヤジ週刊誌のキラーコンテンツとなってしまったシニア向けセックス特集。今夏もその勢いはまったく衰えを見せず、両誌の誌面には毎週のようにこんな見出しが踊っている。

「あぁ忘れられない『驚きの女体』〈死ぬほどSEX あの夜の思い出を語りたい〉」(「週刊ポスト」6/27号)
「女をもっと知りたい 電車内で、オフィスで、トイレで、デート中に…彼女たちは普段からこんなエロいことを考えている!」(「週刊ポスト」7/4号)
「カンタン図解 こっそり楽しむ「60歳からのエロ動画」」(「週刊現代」7/12号)
「この夏あなたを待つ究極の出会い 
シニア世代に急増する甘く危険な「同窓会SEX」」(「週刊ポスト」8/8号)
「週現「生涯現役」教室『70にして勃つ!』その方法と実践講義」(「週刊現代」8/9号)

 呆れたのを通り越して笑いがこみあげてくるが、そんな中、最近、両誌がやたら熱心に取り組んでいるのが「女性器」研究だ。女性のアソコの形がどうとか、どの部分が感じるのかとか。60、70になってまだそんなことを?と思うのだが、これがもうバカ受けらしいのだ。