NEW

安室奈美恵、事務所と確執&独立騒動で、出演激減&批判急増? カギはファンクラブ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DVD『namie amuro FEEL tour 2013』(Dimension Point)
 今月発売された「週刊文春」(文藝春秋/8月14・21日号)で、所属事務所であるライジング・プロとの確執が報じられた歌手の安室奈美恵。記事によれば今年5月、安室はデビュー以来22年間も所属する事務所の幹部に独立を主張。6月には、新しい個人事務所・ステラ88を立ち上げ、専属契約期間について印税配分や報酬アップを掲げた提案書を突きつけ、現在双方の代理人が話し合っているという。芸能関係者が話す。

「安室の独立は間違いないでしょう。でも、安室ほどの大物でも、大手事務所を離れると相当厳しくなる。田原俊彦の例を考えるとわかりやすい。田原はジャニーズ事務所から独立するまで、毎年連続テレビドラマで主演を張って、主題歌も歌っていた。『抱かれたい男ナンバーワン』に輝くなどイメージも良かった。それなのに1994年にジャニーズを離れると、一気に情勢が変わりました。同年、長女誕生記者会見で、本人がギャグのつもりで『僕くらいビッグになると』と口にすると、その言葉尻だけを捉えられ、ワイドショーや女性週刊誌を中心にバッシングが始まった。それまでも、田原はテレビなどで自身のことを『ビッグ』と冗談でよく言っていました。同じ言葉でも、これほどまでに捉えられ方が変わるものかと思いましたね。ジャニーズ所属のままであれば、あのようなバッシングは起こらなかったでしょう」

 実際に田原は独立以降、連ドラの主演は途絶え、曲もヒットしなくなった。

「郷ひろみのように大手事務所に移籍すれば別ですが、ジャニーズは基本的に独立した人間と所属タレントの共演を許さない。そのため、歌番組はおろか、テレビ番組の出演も激減しました。最近になり再ブレイクしていますが、安室にも同じようなことが起こる可能性が強い。後ろ盾がなくなることで、スキャンダラスな記事が増えるでしょう。そうなれば、これまでのイメージが一気に崩れかねない。メディア露出も大幅に減るでしょう」(同)

●カギはファンクラブ名簿?

 独立する際、ポイントになるのはファンクラブの名簿だという。個人事務所を立ち上げる場合、ファンクラブは一度解散し、新事務所で新たに募集するかたちになるが、田原が厳しい境遇に追いやられた背景には、ジャニーズからファンクラブの名簿をもらえなかったことがあるという。

「当時はまだインターネットのない時代でしたから、ファンはハガキなどで案内をもらわないと、新しいファンクラブへの入り方がわからない。だから、名簿は重要でした。ファンは田原のテレビ出演の際に、わずかに出る『ファンクラブ入会募集』のテロップ告知の住所などを必死にメモしなければならない。情報が限られていた時代でしたからね。ファンクラブはもちろん熱心な人が入りますが、なかにはなんとなく継続しているライトな層もいる。独立を機に、ファンクラブからのお知らせが届かなくなったと同時に、周囲でのバッシング報道、テレビ出演の減少という要素が重なった。ファンが離れる原因が、いくつも揃ってしまったのです。事実、ファンは減り、コンサートの動員も減ってしまった。ファンクラブの名簿をもらえなかったことが、その後の芸能生活に大きく影響しました。それでも、コアなファンがついているので今も生き残っているわけです」(同)