NEW
山本康博「なぜあの商品はヒットしたのか/しないのか」(8月21日)

『アナ雪』ヒットに隠された商品力とマーケ戦略 今年ヒット映画3作の共通点とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Blu-ray・DVD『アナと雪の女王 MovieNEX』(ウォルト・ディズニー・ジャパン)

●今年、好調の映画3作

 今年、日本の映画シーンはメガヒット作品に沸いている。3月14日に公開されたディズニー映画『アナと雪の女王』は、興行収入250億円を突破し(7月22日時点)、01年にジブリ映画『千と千尋の神隠し』で記録して以来の250億円超えである。

 続いて7月5日に公開された、これまたディズニー作品でアンジェリーナ・ジョリー主演の『マレフィセント』は公開2日間で興行収入6.91億円を突破し、同記録1位だった『アナと雪の女王』を抜いた。

 そして、ジブリ映画の『思い出のマーニー』。7月19日に公開され、9日間で興行収入10億円突破は、やはり「さすが」の人気ぶりだ。

●ヒットの陰にある奇妙な3つの共通点

 さて、これらヒット映画3作をマーケッターとして観察してみると、興味深い共通点がある。

(1)児童作品がベース

『アナと雪の女王』はアンデルセンの童話『雪の女王』を、『マレフィセント』はヨーロッパの古い民話『眠れる森の美女』を、そして『思い出のマーニー』はイギリスの同名の児童文学先品をそれぞれベースにしている。

 よく知られている童話や児童作品は、ベースとなる作品自体に力がある。童話は「善と悪」や「真実の愛」などがわかりやすく設定されているので、見る人は「スムーズに」作品を理解できる利点がある。それをうまく取り込んでいるのが3作品だ。逆にいうと、わかりやすいストーリーを人が求めている時代なのかもしれない。

(2)描いているのは「2人の女性」

『アナと雪の女王』はアナとエルサという姉妹、『マレフィセント』は邪悪な魔女マレフィセントとオーロラ姫、『思い出のマーニー』は杏奈とマーニーという2人の少女が物語の中心。

 女性2人を描く場合、一方を善、他方を悪などとわかりやすく設定しがちだが、これら3作品はそうではない。単純にどちらかが悪いわけでもない。そのあたりが新しいなと思える。

 いずれにせよ「葛藤してきた女性の成長」(エルサ、マレフィセント、杏奈)が1つの大きなテーマになっているので、男性の観客は肌感覚で理解しにくい部分があるかもしれない。

(3)テーマは「真実の愛」「赦し」

 自分の能力を「恐れ」てきたエルサが、姉妹の絆(愛)に気づき、「ありのままの姿を見せる」=「自分を赦す」ことがテーマの『アナと雪の女王』。ロマンティックなおとぎ話を、邪悪なマレフィセントの視点から描き、「真実の愛」をテーマとしている『マレフィセント』。そして『思い出のマーニー』では心を閉ざした少女、杏奈は思いがけない「愛」に包まれる。