NEW

実刑判決「黒子のバスケ」事件の被告が告白していた意外な過去とは 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

tsukuru_01_140821.jpg
「創」8月号(創出版)

 世間に大きな謎と不安を巻き起こした『黒子のバスケ』連続脅迫事件。本日、東京地裁で行われた判決では、威力業務妨害罪に問われた渡邊博史被告に、求刑通り懲役4年6カ月が言い渡された。前田巌裁判長が「同種の事件でも他に類例を見ないほど重大と言わざるを得ない」と述べたように、威力業務妨害罪としては重い判決が下った。

『黒子のバスケ』連続脅迫事件とは、2012年に人気マンガ『黒子のバスケ』(集英社)の作者である藤巻忠俊氏の母校である上智大学で不審物が発見されたことを皮切りに、イベント会場やメディアなどに次々と脅迫状が送付され、果てはコンビニにも“農薬をつけた菓子を置いた”という脅迫状と農薬入り菓子が届く事態に。「第2のグリコ森永事件に発展か」ともいわれた。

 当初は脅迫状の内容から作者への怨恨による犯行かと見られていた、この事件。しかし、初公判の意見陳述で自分のことを「無敵の人」と表現し、「これからの日本社会は『無敵の人』が増えこそすれ、減りはしない」「日本社会はこの『無敵の人』とどう向き合うべきかを真剣に考えるべきです」と主張。この「無敵の人」とは、渡邊被告の説明によれば「自分のように人間関係も社会的地位もなく、失うものが何もないから罪を犯すことに心理的抵抗のない人間」を指すネットスラングだというが、このキャッチーなキーワードの登場にマスコミは一気に飛びつき、“格差問題が生んだ犯罪”として位置づけるようになっていった。

 だが、「創」(創出版)8月号に独占掲載された獄中手記で、渡邊被告は〈自分は「無敵の人」という言葉を使ったことを後悔しています〉と、その心中を吐露していた。