NEW

指原「親しみやすさのないブスって最悪」発言はコミュ力至上主義だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

sashihara_01_140815.jpg
指原莉乃オフィシャルブログ「指原クオリティー」より


 8月11日に発売された、HKT48指原莉乃の新書『逆転力〜ピンチを待て〜』(講談社)が、25日付のオリコン本ランキングで、新書、タレント本、自己啓発書の3部門で1位に輝いた。すでに2万部の増刷も決定しているらしく、“握手券なし”であることを考えると大ヒットといえそうだ。

 が、その内容には早速批判が巻き起こっている。現代美術家で文筆家でもある柴田英里氏が自身のTwitterで「指原莉乃『逆転力』。なんだかなあという印象の本」と述べ、本書で指原が、

《おとなしい美人には意味がないって言いましたけど、親しみやすさのないブスって最悪だと思う》

 と書いていることに対して、「美少女過多のアイドル界では個性や親しみやすさが魅力になる。という意味ならわからなくもないが、思考が悪い意味でオッサンというか、男性ホモソーシャルを内面化しすぎ。」と批判したのだ。