NEW

安室奈美恵独立騒動で報じられない所属事務所社長のダーティな過去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

amuro_01_140826.jpg
安室奈美恵オフィシャルサイト「PROFILE」より


「週刊文春」(8月14日・21日合併号)が火をつけた安室奈美恵の独立騒動。記事によると、安室が18歳年上の音楽プロモーター・西茂弘氏と結託して、所属事務所であるライジンググループからの独立を図っているという。

 しかも、直後には、「サンデー毎日」(8月31日号)や「女性セブン」(9月4日号)も追随。「文春」と同じように現状の契約内容に不満を持った安室が弁護士や税理士を連れて独立を提案したことを報じ、その主張は「安室にとって都合のいいことばかり」で「荒唐無稽」と批判。やはり安室の行動には「後見人」である西氏の影響が大きいと断じた。

 また、「セブン」と「サン毎」はその西氏がX JapanのToshiの洗脳騒動で有名になった自己啓発セミナー・ホームオブハートの主宰者MASAYA(本名・倉渕透氏)と懇意の仲だったと報道。安室が西氏に洗脳されていることをほのめかすような記述もあった。

 とにかく週刊誌を見ていると、われらがアムロちゃんが男女関係にある年上の愛人に洗脳されてしまい、そのあげく独立騒動を起こしてしまった──。そんな事態が起きているらしい。

 だが、これらの週刊誌報道には、一方で違和感のようなものも漂っている。というのも、情報や記事のスタンスが3誌ともそっくりなうえ、やたら証拠がそろいすぎているからだ。