NEW

PE'Zが語る、葛藤と挑戦の15年史「もつれたからこそ、色んな方向が見えてきた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140828-pez.jpg

【リアルサウンドより】

 今年で結成15周年を迎え、精力的な活動が目立つPE'Z。東京のライブハウス13か所を駆け抜けた今春の『マラソンライブ2014 ~東京JACK!!~』を皮切りに、7月には新宿歌舞伎町でワンマンライブ、8月には世田谷・国立音楽院で小学生の子どもたちにジャズを教えるクリニックを開催。さらに10月には、ストリートライブ出身の彼らの原点回帰作にして、新たな音楽的挑戦も盛り込んだニューアルバム『血騒-chisou-』のリリースも控えている。今回のインタビューでは、“波瀾万丈”の15年を振り返りつつ、今の彼らが目指している音楽について、ドラムでありリーダーを務める航と、ピアノ・キーボードのヒイズミマサユ機にじっくりと話を訊いた。なお、本記事にて配信限定シングル「Viva! A So Bole!」のMVフルバージョンが初公開となる。

・「2010年の前後くらいから、“やりつくした感”みたいなものが出ていた」(航)

――先日行われた新宿BLAZEでのワンマンライブで、メンバーのみなさんが「ストリートの原点に帰る」と発言されていました。(参考:PE'Zがワンマンで見せた“侍ジャズ”の最新形 10年ぶり歌舞伎町ライブをレポート)近年でライブに向けてのスタンスはどのように変化してきましたか。

航:バンドの初期と比べて、最近は5人でライブを作り上げているという感覚、バンドとしての一体感が強くなったきたように思えます。僕は2年前からリーダーを務めてるんですが、普段から「大丈夫か?」と心配されるような人なので、リーダーシップは全然ないんですけど…。

続きはこちら

PE'Zが語る、葛藤と挑戦の15年史「もつれたからこそ、色んな方向が見えてきた」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ゼネコンブラック企業リアルサウンド栩内香澄美青木裕子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!