NEW

『あなたはまだ本気出してないだけ』に学ぶ、後悔しない生き方 3つのポイント

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『あなたはまだ本気出してないだけ』(小玉歩/著、朝日新聞出版/刊)

 「あの時こうしていればよかった」

 「もっとがんばっておけばよかった」

 こんな後悔を誰もが持っているはずで、その悔しさを二度と味わいたくないという気持ちもみな同じでしょう。

 しかし、それでもほとんどの人は生活や生き方を変えられずに同じことを繰り返し、数年後にまた後悔します。一体どうすれば、後悔のない充実した人生を送れるのでしょうか。

 『あなたはまだ本気出してないだけ』(小玉歩/著、朝日新聞出版/刊)は、生きることに「本気」なって、悔いを残さず生きるために何をすべきかがつづられています。

■無意味な恐れは今すぐ消そう


 自分のやりたいことを思う存分にやれたら、きっと後で後悔することはないはずです。しかし、私たちの多くがそれをできないのは、心に「恐れ」があるからに他なりません。

 この「恐れ」とは、やりたいようにやったことで上司に怒られることへの恐れであったり、やりたいことに本腰を入れて取り組んだ結果、生活が立ち行かなくなることへの恐れだったりします。

 もし、あなたは「恐れ」のせいで、行動を縛られていると感じているのなら、その恐れがどんなものなのかを、紙に書き出してみましょう。そして、それら一つ一つについて、現実化するとどんなことが起こる可能性があるかを考えてみましょう。大したことは起こらないことがわかるはずです。

 「恐れ」などよく考えてみると取るに足らないもの。そんなものに惑わされず、やりたいことにどんどんチャレンジする人生に、後悔が入り込む余地はありません。

■シラケる人を周りに置かない


 「○○をやりたい」と言うと、決まって「やめときなよ、そんなの絶対無理だよ」と、相手の決意や意欲をくじくようなことばかり言う人。また、意欲に燃える人を見ると「意識高い系」と揶揄する人。

 こういう「シラケる人」は、自分の近くに置かない方が得策です。

 彼らは彼らで群れていればいいだけのこと。やりたいこと、好きなことをやって後悔のない生き方を目指すなら、同じようにやりたいことに情熱を注ぐ人とだけ付き合う方が得策です。人間関係を切ることが恐いあまりに付き合いたくない人と付き合っても、ためになることは何もありません。