NEW

“世界的作品”ドラえもん、パロディ動画に大反響 ソフト輸出の先駆者、巨額経済効果は?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『Doraemon In Real Life』(無料動画共有サイト「YouTube」より)
動画URL http://youtu.be/-1vh43NTQgU

 日本人にはなじみが深い漫画『ドラえもん』(小学館)。アニメや映画も多数の作品があり、主人公のドラえもんは、まさに国民的キャラクターとなっている。しかし、意外にもベトナムの若者たちが『ドラえもん』のパロディ動画を無料動画共有サイト「YouTube」に投稿し、話題となっている。果たして、その内容とはいかなるものか?

●世界各国から大きな反響

 ドラえもん役は全身タイツのようなコスチュームにヘルメットをかぶり、青ずくめとなった中年男性で、コスプレにしてはお粗末な出来映えだ。のび太はちょっと老けていること以外は高い再現率で、スネ夫は角刈り、ジャイアンに至ってはなんと女の子だ。もうちょっとマシな配役はなかったのか、と首をかしげたくなるキャスト陣がシュールなコントを延々繰り広げるという内容に、世界中のインターネットユーザーから嘲笑交じりのコメントが殺到。

 一方、同作品の母国である日本国内の反応は、「しずかちゃん役の子がかわいい」と賞賛する声をはじめ、概ね好意的に受け取られているようだ。富山大学名誉教授で、「ドラえもん学」の提唱者でもある横山泰行氏は、同作品を次のように評する。

「漫画連載初期の設定を積極的に参考にしており、非常に楽しい動画です。例えば、しずかちゃんのヴァイオリン演奏は、現在の設定ではジャイアンリサイタルに匹敵する音の公害とされていますが、初期はその実力を天才と称されています。この動画内のしずかちゃんはヴァイオリンを上手に弾いていますから、初期の彼女を描いているのでしょう。また、『なぜジャイアンが女の子なのか』と指摘されていますが、これはジャイアンではなく、ジャイアンの妹で初期におてんばな設定だったジャイ子だと思います。もともとジャイ子はバットを持ってのび太を追いかけ回したりもしていたほど荒っぽかったので、つじつまは合います。以上のように見てみても、この作品はよく再現できていると思います」

 制作した本人たちがどこまで意図しているかは不明だが、このような考察を踏まえてあらためて鑑賞してみると、この動画もなかなかあなどれない。