NEW

横須賀基地に続いて沖縄基地でも……相次ぐ海上自衛隊のいじめ体質の背景に隠された"欠陥護衛艦"の実態

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1409_kaijyou.jpg
『海上自衛隊のすべて』(宝島社)

 今年初め、横須賀基地配属の護衛艦で30代の男性隊員が首をつって自殺した問題で、先日その背景にあった海上自衛隊(以下、海自)のいじめの実態が明らかになった。

 海自の発表によれば、男性隊員は上官である1等海曹から、頭を殴られるなどの暴行や土下座の強要といったいじめを繰り返し受けていたという。さらにこの1等海曹が、"指導"と称して隊員から預かった携帯電話を隊員の死亡後に海に投げ捨て、証拠隠滅を図ろうとしていたことも明るみになった。

 しかしこの「公式発表」に関して、海自の護衛艦乗組員の幹部・A氏はこう疑問を投げかけた。

「発表の中では公表されませんでしたが、事件が起きた護衛艦は『はたかぜ』というミサイル護衛艦でした。実はこの艦には、帝国海軍以来の『甲板整列』という悪習が残っていたんです。隊員は上官の1等海曹による"個人的な"いじめにより自殺したのではなく、"組織的な"いじめを苦にして自殺したんですよ」

「甲板整列」とは、上官による指導、特に"体罰"に当たる指導を指す。過去には、目玉焼きができるほど太陽光で熱せられた鉄板の上で数十分にわたり腕立て伏せの姿勢をとらされたり、つま先に鉄板の入った安全靴で太腿にローキックされるなどといった行為が行われていたという。

「このような暴力的な指導はこれまでに何度も問題視されており、海自ではほぼ"絶滅"したはずだったのですが……『はたかぜ』では、これが日常的に行われていたのです」(A氏)

 A氏によれば、「はたかぜ」では今回自殺した男性以外にも、上官から殴られたり蹴られたりする体罰を受けていた隊員が多数存在するという。

 しかし、なぜ護衛艦「はたかぜ」にだけ帝国海軍以来の悪習である「甲板整列」が残っていたのだろうか。その質問に対し、同氏は「それは『はたかぜ』の特殊な事情が背景にありますが、秘密事項なので私の口からは言えません……」と口を閉ざした。

■いじめ自殺の現場は500億円の欠陥商品

 はたして、護衛艦「はたかぜ」に関する秘密事項とはなんなのか。護衛艦勤務の長い別の幹部自衛官・B氏は、こう耳打ちしてくれた。

「実は、いじめの現場となった『はたかぜ』は、"欠陥護衛艦"なんですよ」

つづきはコチラ