NEW

チームしゃちほこ、デビュー1年で武道館達成 ローカル・アイドルが一気に人気を得た理由とは

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JOK_4142th_.jpg

左から、大黒柚姫(紫パープル(仮))、咲良菜緒(マリッジブルー)、秋本帆華(名古屋レッド)、坂本遥奈(手羽先キミドリ)、伊藤千由李(ういろうイエロー)。奥、安藤ゆず(ポニーピンク)。

【リアルサウンドより】

 チームしゃちほこが初の武道館ライブ『しゃちサマ2014~神々の祭り~』を8月28日に開催、約1万人のファンの前で全力のパフォーマンスを披露した。2013年6月にシングル『首都移転計画』でメジャーデビューしてからわずか1年余り、異例の早さでの武道館達成となった。

 当日、武道館にはチームしゃちほこのTシャツやタオルを身に付けた大勢のファンが、推しメンのカラーのサイリウムを持って結集。ライブが始まる前から館内は色とりどりのサイリウムに彩られ、実に壮観だ。今回のライブは、チームしゃちほこが古代ギリシャにタイムスリップして神々を喜ばせるためにライブを披露するという設定で、舞台には神殿風のセットが用意されている。会場のスタッフも古代ギリシャ風の衣装に身を包んでおり、徹底してその世界観を作り込もうという姿勢が伺える。オープニングVTRで神様役の竹内力がメンバーを呼ぶと、それぞれポップアップ(ステージ下から飛び出す装置)で登場し、会場は大歓声に包まれた。

続きはこちら