NEW

錦織選手に1億円!でも労働者には厳しい「ユニクロ」のブラック体質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

uniqlo_01_140910.jpg
錦織圭の胸には“UNIQLO”のロゴ(「UNIQLO ユニクロ」ウェブサイトより)


 全米オープンで準優勝を果たした錦織圭に、スポンサー契約を結んでいる大手衣料品チェーン・UNIQLO(以下ユニクロ)が、1億円の“特別ボーナス”を出すことを決定したことが話題になっている。NHKなどによれば、1億円のうち半分の5000万円は経営会社のファーストリテイリングが払い、もう半分は柳井正会長兼社長が個人で出すという。

 いくら錦織選手タイアップのテニスウェアが飛ぶように売れたからといっても、ポケットマネーでこんな大金をプレゼントとは……。同社の人気商品「ヒートテックVネックTシャツ」(980円)に換算すると、実に51,020枚分である。1日1枚着て使い捨ても約140年かかる。いやはや、なんとも太っ腹でないか。

 一方、ユニクロ(ファストリ)といえば、新卒社員の約5割が3年以内に退職しており、“サービス残業”を含むと月の勤務時間が300時間を超えることもあるなど、その体制が「ブラック企業」的と批判されている。「週刊東洋経済」(13年3月9日号)によれば、店舗正社員の休業者のうち約40%がうつ病等の精神疾患が原因であるという。また、23カ条からなる経営理念を「句読点の位置まで正確に覚えて」いなければ“連帯責任”とされることから「旧陸軍さながら」とまで言われている。その社風の内実は、爽やかな錦織選手のイメージとはおおよそかけ離れているのだ。