NEW

【動画】NASAの研究者は宇宙を“聴いている”!? これが太陽の奏でる音だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【不思議サイトトカナより】

 宇宙という未知の空間の探求に日々勤しむアメリカ航空宇宙局(NASA)の研究者たち。彼らは、宇宙に放たれた探査機から届けられる大量のデータを、“聴く”ことによって分析することもあるようだ。今月4日、NASAがホームページ上で「太陽の奏でる音」を公開した

 まずは動画をご覧頂きたい。まるで不快なホワイトノイズのようにも思えるが、実はこれこそが「太陽の奏でる音」であるという。といっても宇宙空間には大気が存在しないため、もちろん振動(音)が実際に伝わるはずもない。これは、1994年に打ち上げられた太陽の観測を目的とする宇宙探査機WINDが観測した「太陽の磁場の変化」を、音へと変換したものなのだ。

続きは【トカナ】で読む