NEW

2020年東京五輪にサザン登場!? 現役最強バンドが新曲『東京VICTORY』に込めたメッセージとは

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140912-sazan.jpg

【リアルサウンドより】

 サザンオールスターズが9月10日に55枚目のシングル『東京VICTORY』をリリースし、 オリコンのデイリーチャートで連日1位を独走中だ。

 すでに三井住友銀行CMソング、そしてTBS系列「2014 アジア大会&世界バレー」テーマ曲としてオンエアされているこの曲。ジャケットには躍動的なスポーツ選手の姿が描かれている。「♪Wow…」という歌い出しで始まる力強いメロディ、高揚感に満ちた曲調で、アンセムとしての大きなスケール感を持った一曲だ。

 タイトルから想像した人も多いかもしれないが、桑田佳祐自身、2020年に開催される東京オリンピックがこの曲を作ったきっかけだったことを明かしている。歌詞にも『みんな頑張って それ行け Get the chance!!』と歌われている。曲のタイプはいわゆる応援歌なのだが、実は、単に元気をもらえる、背中を押されるというだけでない、深い味わいを持った楽曲に仕上がっているのである。今回は、そのあたりのことを読み解いていきたい。

 まず大前提としてあるのは、現在のサザンオールスターズは、もはやJ-POPの枠組みを超える大きな存在感を持つ国民的グループとなっているということ。活動休止期間を経て35周年を迎えた昨年にリリースされた前作シングル『ピースとハイライト』は、初週20万枚を売り上げチャート1位を獲得。80・90・00・10年代という4年代にまたがってシングル1位という前人未到の記録も実現した。もちろんキャリアのある大御所ミュージシャンは他にもいるが、時代を超えて大衆音楽のトップの座を走り続けるのは彼らだけ。いわば「現在進行形の伝説」となっているのである。

続きはこちら