NEW

妖怪ウォッチ、爆発的人気 オリジナルグッズすぐに売り切れ、販売権獲得に各社血まなこ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『妖怪ウォッチ』の人気は収まる気配がない。

 もともと『妖怪ウォッチ』は、2013年7月にゲーム会社レベルファイブが発売したニンテンドー3DS用のゲームソフトだ。ゲームのほか、漫画やアニメへと展開し、玩具の「妖怪メダル」を販売したところ、小学生を中心に爆発的ヒットとなった。

 アニメのオープニング曲「ゲラゲラポーのうた」、エンディング曲「ようかい体操第一」は共に幼稚園児や小学生を中心に高い人気を得て、動画の再生回数もそれぞれ400万回、3000万回を超えている。


『ゲラゲラポーのうた』(無料動画共有サイト「YouTube」より)
動画URL http://youtu.be/w9DGRgVnXJE


『ようかい体操第一』(「YouTube」より)
動画URL http://youtu.be/VyKLQXOj0ts

 さらに、この『ようかい体操第一』を踊る女子高校生の動画もインターネット上で話題となり、再生回数は160万回を超えている。


『ようかい体操第一 踊ってみた』(「YouTube」より)
動画URL http://youtu.be/5Lzw7YsmbcE

 この動画は、ネットアイドルグループ、DANCEROIDのメンバーである、まなこの作品だ。ほかにも、『ようかい体操第一』を踊って動画をネット上にアップする人は続出しており、一つのムーブメントとなっている。

『妖怪ウォッチ』の人気は、ネット上にとどまらない。マクドナルドは今月、お子様向けセットメニュー「ハッピーセット 妖怪ウォッチ」の販売を始めたところ、5日間で当初予定の約3倍の売り上げを記録し、セットに付属させているオリジナルカードの追加生産を決定した。

 あまりの売れ行きに、一部の店舗ではカードが不足する事態となった。追加生産の決定はしたが、ハッピーセットの購入者がカードを入手できるのは10月4日以降になる見通しといい、カードの在庫が終了した店舗では、該当商品購入者にカードの引換券を渡す措置を取る。 マクドナルドがオリジナルカードを付属するセットメニューを販売すると予告したことで、販売初日から全国のマクドナルド店舗にはハッピーセットを求める行列ができ、その様子はテレビ番組などでも取り上げられ、話題を呼んでいた。

 ほかにも、オリジナルグッズを販売すれば、すぐに売り切れる社会現象を巻き起こしていることから、各企業はこぞって「妖怪ウォッチ」グッズ販売の権利を得ようと血まなこになっている。コンビニエンスストア業界でも、「妖怪メダル」を販売するために各社がしのぎを削るなど、当分は熱が冷める気配はない。
(文=沼田利明/マーケティングコンサルタント)