NEW

くるりの傑作『THE PIER』はいかにして誕生したか?「曲そのものが自分たちを引っ張っていってくれる」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140916_kururi_a1.jpg

【リアルサウンドより】

 くるりが、約2年ぶりとなるアルバム『THE PIER』を9月17日にリリースする。先行公開された収録曲「Liberty&Gravity」でも予感させたように、本作には時代や地域を超えた多様な音楽的エッセンスが散りばめられ、これまでにない手触りのポップミュージックを聴くことができる。今回リアルサウンドではインタビュアーに宇野維正氏を迎え、くるりの岸田繁(Vo、Gu)、佐藤征史(Ba、Vo)、ファンファン(Tr、Key、Vo)にインタビューを実施。制作時のエピソードから、新作の“新発明”とも呼ぶべき音楽性、さらには現在の音楽カルチャー全般まで、じっくりと語ってもらった。(編集部)


・「『もうええ曲はいらんやろ』っていう話になって」(佐藤)

――7月前半に最初に完成したアルバムを聴かせてもらったので、実はもう2ヶ月近く愛聴していることになるんですけど、取材の前にそのくらい時間があってよかったなって。よくあるように、取材の数日前にこのアルバムをポンと渡されていたら、全然消化しきれなかったんじゃないかと。

続きはこちら