NEW

老人ホームや介護ヘルパー、認知症高齢者への非人道的扱いや貴重品窃盗の実態 防止策は?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 国民生活センターは9月11日、認知症などで判断能力が不十分な高齢者の消費者トラブルに関する相談が昨年度、約1万1500件に上り、過去最多となったと発表した。主な相談内容としては、健康食品などを送りつけて代金を請求する商法のほか、家のリフォームやインターネットに関する契約トラブルが増えているという。

 高齢化社会に突入している今、誰もがこうしたトラブルに巻き込まれる危険があり、本人はもちろん、周囲の人も極力トラブルを回避するように留意しなければならない。

 そこで今回、筆者の体験を基に、トラブルから高齢者を守るために気をつけるべき点を探ってみたい。

●非人道的対応の特養も

 認知症高齢者が特別養護老人ホームに入所、または介護を受けるためには、まず要介護認定を受ける必要がある。筆者の祖父母は共に5級で、日常会話を交わすことは難しい状態だった。

 ある時、老人ホームへ入所したが、数日もたたないうちに街中を徘徊しているところを警察に保護された。1カ月後にも再び徘徊しているところを保護されたため退所を申し出たが、施設側から「監視を強めるから大丈夫」などと説得され、入所を継続させた。

 ところが後日、見舞いのために施設を訪問したところ、祖父と祖母が動けないようにベッドにロープで縛り付けられている姿を目撃した。施設としても限られた人数のスタッフで徘徊を防ぐために致し方なく行っていることは理解できるものの、非人道的な扱いをされていると感じたため、自宅で介護することにした。とはいえ、家族だけで介護することは困難なため、ホームヘルパーの派遣を要請した。

 連日、気温が35度を超えていた真夏、祖父母に近寄ると悪臭が漂ってきた。明らかにしばらく風呂に入っていない体臭であり、ホームヘルパーに確認したところ、何日も入浴させていないことを認めた。派遣契約には、1日1回入浴させることが明記されており、契約違反であるため、ヘルパー派遣会社に連絡した。会社側は平身低頭の姿勢で、ヘルパーを交代させること、および再発防止することを約束したため、派遣契約は続行することにした。

 しかし、ある日、驚く光景を目にすることになった。祖父は郵政省を定年退職した際に、金無垢の置き時計とオメガの金時計を贈呈品としてもらい、大切にしまってあったが、それが無くなっていた。ほかにも、希少価値の高い切手として知られる「月に雁」「見返り美人」や、限定記念切手、古銭、古貨幣、般若・おかめのお面など、祖父が趣味で収集していた多くのコレクションがすべて見当たらず、金庫の中に入れていた現金や有価証券も消えていた。

 ヘルパー派遣会社に問い合わせたところ、祖父母から「是非受け取ってほしい」と申し出があったため受領したという。警察にも相談したが、VTRで窃盗の証拠があれば捜査するとの回答で、介入には消極的な姿勢だった。

 ヘルパーに不審感を抱き、祖父母は社会福祉施設に入所させ、そこで最期まで面倒を見てもらった。