NEW

AKB48、渡辺麻友・宮脇咲良Wセンター&選抜メンバー増員の理由は? サプライズ人事の背景を読む

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 AKB48グループが、9月17日に東京・日本武道館で行われた『AKB48グループ・じゃんけん大会2014~拳で勝ち取れ!1/300ソロデビュー争奪戦~』で、11月26日発売の38thシングル選抜メンバーをサプライズ発表した。

 今回Wセンターとして起用されたのは、渡辺麻友と宮脇咲良の2人。宮脇はHKT48とAKB48を兼任する若手メンバーで、発表された瞬間、会場は彼女のサプライズ起用に沸いていた。

 ほかにも松井珠理奈、島崎遙香、指原莉乃、入山杏奈、高橋みなみ、小嶋陽菜、松井玲奈、木崎ゆりあ、川栄李奈、須田亜香里、柏木由紀、横山由依、山本彩、宮澤佐江、生駒里奈、峯岸みなみ、渡辺美優紀、兒玉遥といった選抜常連組に加え、白間美瑠、森保まどかといった地方グループの人気若手メンバーや、武藤十夢、加藤玲奈、大和田南那、高橋朱里、向井地美音、小嶋真子、田野優花、大島涼花、川本紗矢というAKB48本体の若手有力株、そして新設されたチーム8から、中野郁海が初めて選抜入りするというトピックが盛りだくさんの人事となった。

続きはこちら