NEW

楽天銀行、中小企業融資参入の狙いと勝算は? ネット銀初、乱立状態抜け出しを賭けた勝負

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通販サイト「楽天市場」より
 インターネット専業銀行である楽天銀行が、中小企業向け融資に参入する検討に入ったことが明らかになった。ネット銀行による本格的な法人向け融資は、これまで例がない。法人融資では大企業向けはメガバンク、中小企業向けは地方銀行などの領域であり、与信審査などのノウハウが必要なため、ネット銀行にとってハードルは高かった。楽天銀行はネット銀行の強みである低利融資に対する中小企業の需要は大きいと判断し、中小企業向け融資を銀行の収益基盤の強化につなげる計画だという。

 手数料の安さを売りにするネット銀行各社は、24時間365日いつでも好きな時に振り込みや送金ができる利便性が受け、預金量や口座数は右肩上がりだ。ネット銀行と一口にいっても各社の得意分野はさまざまで、出資母体企業の事業と密接に結びついている。

 SBIホールディングスと三井住友信託銀行が折半出資の住信SBIネット銀行や大和証券グループ本社が設立した大和ネクスト銀行は、それぞれSBI証券、大和証券に証券口座を持った顧客を抱える。銀行口座から証券口座への入出金をスムーズに行えることを目玉に、預金量を伸ばしている。KDDIと三菱東京UFJ銀行の折半出資のじぶん銀行は、携帯電話向けカードローンが主力だ。ソニーフィナンシャルホールディングス傘下のソニー銀行は、個人向け外貨預金でメガバンクを猛迫。オリックス信託銀行から商号変更したオリックス銀行は、投資マンション向けのローンなど個人向けローンが主力だ。日本初のネット専業銀行として設立された三井住友銀行の子会社ジャパンネット銀行は、消費者ローンのほか、商品代金の決済手数料が収益源の1つになっている。

 楽天銀行の前身は、2001年に国内で2番目に誕生したネット専業銀行のイーバンク銀行。09年に楽天が買収し、10年に楽天銀行に商号変更した。通販サイト「楽天市場」のカードローンなど、グループ内の事業を活用したビジネスモデルだ。13年12月末に預金残高が1兆88億円と1兆円を突破。稼ぎ頭はカードローンで「楽天銀行スーパーローン」の残高は14年3月末で2547億円。前年同期比31.3%増と高い伸びをみせた。

 14年3月期、一般企業の売上高に相当する経常収益は「楽天銀行スーパーローン」の伸長で同10.2%増の454億円だが、純利益は前年度の国債売却益などがなかったため、同36.7%減の74億円にとどまった。収益力を高めるため、13年11月に住宅ローン、14年4月に不動産担保ローンに進出を果たしており、中小企業向け融資なら地銀などと競争しても勝算があると判断したようだ。

 流通系のネット銀行ではセブン-イレブンなどのグループ店舗を中心に14年3月期末に2万1000台と国内最多のATMを持つセブン銀行が、14年3月期の純利益で212億円と過去最高を更新。ダントツの収益力を誇る。イオンのショッピングセンター内で拠点の開設を進めているイオン銀行は住宅ローンが主力だが、投資信託の販売などフルバンクを志向している。
流通系ネット銀行の貸出残高は計4兆円程度。これは地銀中位行1行分の規模でしかなく、極めて小さい。逆にいえば、ニッチな存在だけに伸びしろはあるといわれている。