NEW

THE PRIVATES、延原達治が語るバンドとロックンロールの30年「明日もやりたい、というのが一番」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140908_privates_a.jpg

【リアルサウンドより】

 祝・結成30周年。久々にデビュー当時のメンバー5人が揃って制作されたTHE PRIVATESのニューアルバム『Les beat hi-fi mono』はDISC1にオリジナル曲を、DISC2に豪華ゲストを迎えたカバー集を配し、最高級のモノラル録音でロックンロールの魔法を現代に蘇らせた2枚組だ。変わり行く時代の風を感じながら、古き良きサウンドへの変わらぬ思いを刻み付ける、不易流行ロックンロールの見本のような作品。若い世代もそれなりに年齢を重ねた世代も、様々なリスナーのロック魂に火をつける熱い音がここにある。延原達治(Vo、Gu)にじっくり話を訊いた。

・「俺たちにとっては全部がロックンロールだからね」

--ズバリ、30年バンドを続ける秘訣って何ですか?

延原達治(以下、延原):明日もやりたい、というのが一番かな。ライブでも練習でも何でもいいけど、盛り上がる時もあればいまいちだったと思う時もあって、いまいちだったと思う時は“明日こそは”と思うし、今日最高だったぜと思う時は“明日もまた最高な気分を味わいたい”と思うし、欲張りに明日もやりたいなと思う気持ちがメンバー全員にあったんだと思うんですね。だから本人たちは30年を目的にしてここまで来てるわけでもなく。今回そういう質問をされることが多かったんで、自分で振り返ってどういうことなのかな?と思ったりするんだけど、答えは“明日もやりたかったから”なんですよね。

続きはこちら