NEW

NASAが「睡眠障害」を解決する?宇宙飛行士が抱える寝不足問題の原因とは

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無重力状態と、概日リズムの崩れが寝不足を引き起こす?
 一般人の宇宙旅行も、そう遠くない将来に実現しそうである。ただし、宇宙旅行は睡眠障害をわずらうというリスクが懸念されている。

 これまで宇宙に飛び立ってきた宇宙飛行士たちは、かなりの睡眠障害に陥ってきた。このほどNASA、(アメリカ航空宇宙局)が資金を提供して行われた研究によって、宇宙飛行士の「眠りの状況」が明らかになってきた。

 研究では、スペースシャトルのフライトに関わった64人と、ISS(国際宇宙ステーション)への13回のミッションに関わった21人からデータを集めたという。腕時計型の装置で、訓練の行われていた地上で4000回、宇宙で4200回もの睡眠と覚醒のサイクルを観察。特にISSの地球軌道上での睡眠データは、これまでにない大規模なものだった。研究のなかで意外だったのは、宇宙飛行士の約75%が一般的な睡眠薬を服用しているという報告だ。

 スペースシャトルのフライト、ISSでのミッションと、いずれの場合もガイドラインでは1日の睡眠時間を8.5時間と定めている。ところが、平均睡眠時間は6時間弱。7時間連続で眠ることも、スペースシャトルで12%、ISSで24%と、相当に少ない。宇宙飛行士たちは、打ち上げの3カ月前にスタートする地上での訓練期間中から、すでに睡眠不足を感じていたのである。そして、打ち上げ後も睡眠障害に悩まされる。その原因はさまざまである。

●宇宙では、24時間が90分の概日リズムに凝縮


 まず、無重力状態による浮遊感。地球上では重力によって血液も体液も下へ向かう。ところが無重力状態になると、下半身にたまっていた体液などが胸や頭へも向かうようになる。すると、顔がむくんだり(ムーンフェイス)、首や顔の血管が浮き出たり、鼻が詰まったりする。やがて人間の体は順応して、ムーンフェイスなどは収まるのだが、睡眠への影響はその後も強く残るようだ。さらに騒音、変化しやすい室温、換気不足なども睡眠の妨げになる。

 そして、何より大きな睡眠不足の原因と考えられるのは、ISSは地球を90分で一周するため、45分ごとに日の出と日の入りがやってくることだ。極論すると、地球上で24時間だった1日が90分に凝縮されているともいえる。これでは、体が持つ24時間のリズム(概日リズム)が崩れてしまう。時差ボケのもっと激しい状態だ。これではとても眠れないだろう。