NEW

トヨタ、ユニクロ…優良企業に共通する、速く・高精度な改革を維持する秘密とは?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「トヨタ自動車 HP」より
 現在では数多くの経営理論が提唱され、各企業は自社に合うと考えられる方法を実践している。また、大学やビジネスカレッジで経営学を学んだ経営者も多く、経営効率を上げるためにさまざまな努力がなされていることだろう。しかし、どんなに優れた経営理論や経営手法を学んだはずの経営者が舵取りをしたとしても、必ずしも業績が上向くとは限らない。経営が成功して成長軌道に入っている企業と、そうではない企業では、どこに違いがあるのだろうか?

 そんな問いへの答えについて、低迷する企業の立て直しを小説仕立てで描きながら探る書籍『経営参謀』(ダイヤモンド社)が6月に上梓され、話題を呼んでいる。今回は、その著者であり、トヨタグループから世界有数のコンサルティング・ファーム、マッキンゼー・アンド・カンパニーに進んだ、「V字回復」を請け負う経営コンサルタントで、数多くの企業で社長や取締役として経営改革を実現させてきた稲田将人氏に

・何が企業の実践力を生み出すのか
・企業が成長するために必要なことは何か
トヨタ自動車や花王などの優良企業の共通点とは
・PDCAを適切に運用する方法

などについて話を聞いた。

--まず本書を執筆することになった経緯をお聞かせください。

稲田将人氏(以下、稲田) 本書は、単独でも読めるようになってはいますが、実は、昨年出した『戦略参謀』の続編で、経営活動はPDCA(Plan/計画→ Do/実行→ Check/評価→ Act/改善)そのものであることをアパレルメーカーの再建を題材にして、ストーリー形式で執筆しました。1作目は、当初『誰も聞いたことのない、本当の企業改革で行うべきこと大全』と言う感じの内容のノウハウ書に仕上げようと企画していたのですが、企画のミーティングで「これでは数千部しか売れませんね」と指摘されたのです。

0629_sinkanjp.jpg
※画像:『経営参謀』著:稲田将人/刊:ダイヤモンド社
 そこで「万単位の部数で読者に読まれるためには、どうすればよいのでしょうか?」と尋ねたところ「小説にすればよいのですが、稲田さんは小説を書けますか?」と問い返されました。書けるかどうか以前に私が普段、小説を読まないことを話したら、東野圭吾さん、池井戸潤さんたちの作品を読むように言われ、それぞれ何冊か読み、アウトプットのイメージをつかんで「企業改革」をテーマに前書を書き上げたのです。おかげ様でそれが好評だったため、今度は「戦略・マーケティング」の実践をテーマにしての続編の出版が決まりました。