NEW

安田レイが掴んだ、シンガーとしての新たなビジョン「ようやく、自分の声を愛せるようになってきた」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20141008-yasuda.jpg

【リアルサウンドより】

 パワフルな透明感とミステリアスな異国情緒を併せ持つボーカルで、ハイブリッドなポップ・チューンを歌うシンガー・安田レイが、1stアルバム『Will』をリリースする。現在21歳の彼女だが、ローティーンのときにモデルとしての活動をはじめ、13歳のときに音楽プロデューサー・玉井健二のプロジェクトである元気ロケッツのオーディションに合格。元気ロケッツのボーカル「Lumi」として音楽制作をしてきた経緯がある。2013年に安田レイとしてシングル『Beat of my Love』でデビューし、そして1stアルバム『Will』が完成した今、歌への思いや、シンガーとしてのビジョンについて話を訊いた。

続きはこちら