NEW

乃木坂46松村の不倫謝罪、一部ファンから失望…「言い訳がましい」「無理を感じる」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CD『何度目の青空か?』(乃木坂46/SMR)
“恋愛禁止ルール”で知られるアイドルグループ乃木坂46の人気メンバー・松村紗友理と大手出版社・集英社の編集者A氏(仮名)の不倫スキャンダルが「週刊文春」(文藝春秋/10月16日号)で報じられたことを受け、松村は「文春」発売日となった10月8日放送のラジオ番組『レコメン!』に生出演し、涙ながらにファンに謝罪した。放送中から松村のブログにはファンから励ましの声が多数書き込まれているが、意外にも一部のファンからは、松村の釈明の対し失望の声が上がっている。

「文春」によれば、松村はA氏と毎週カラオケや食事デートを重ね、A氏が松村宅を訪問もしているというが、番組内で松村はA氏と数回デートをしたことは認める一方、男女としての交際は否定。ある乃木坂46ファンは次のように感想を口にする。

「松村は天真爛漫の“天然ボケ”キャラでもあり、熱愛報道が流れた当初は『松村らしいな』というくらいにしか思いませんでした。最近はアイドルとして人気急上昇中で、“恋愛禁止ルール”があるとはいえ22歳という一番恋愛をしたいであろう時期でもあるので、『日々のプレッシャーから魔が差したのかな』と同情すら覚え、温かく見守ってあげたいという思いでした。ですが番組内で松村は、デートを認めA氏とのキス写真も撮られているにもかかわらず交際を否定し、さらにキスの理由を『飲みなれていないお酒に酔ってしまった』と語ったり、記事の内容に『事実ではない事も多い』と反論するなど、『ちょっと言い訳がましいな……』と少し冷めてしまいました。アイドルだって魔が差すことはあると思うので、交際自体を責めるつもりはないですが、せめてファンに向けては正直に話してほしかったです」

●出会いのきっかけに疑問の声も


 また、別のファンも同様に、松村の釈明に対し次のように違和感を示す。

「番組内で松村はA氏との付き合いが始まったきっかけについて、精神的に落ち込んでいた時に街中で声を掛けられ意気投合し食事に行ったと説明しました。しかし、報道によればA氏は今年春まで集英社が発行する漫画雑誌『ヤングジャンプ』のグラビア担当だったといい、乃木坂46はその表紙に登場しており、知らぬ間柄のふたりが偶然街中で知り合ったとは考えにくい。また、人気アイドルである松村が外で突然声を掛けられた男性とそのまま食事に行ったという説明も信じ難く、何かを隠そうとしているのではと勘繰ってしまうし、もし事実だとしたらあまりにも“軽い女”すぎて幻滅してしまう。いずれにしろ、松村の説明には無理を感じざるを得ません。もし嘘をついているのだとしたら、それが何より悲しいし、乃木坂46のファンはやさしい人が多いので、素直に話してくれれば許すと思います」

 松村は番組内で10分以上にわたり涙で声を詰まらせながら謝罪をしたが、松村、そして乃木坂46運営側としては、その謝罪が「ファンの反感」という思わぬ誤算を生んでしまったようだ。
(文=編集部)