NEW

今週末の秋華賞、伏兵馬台頭で荒れる?手間も時間もかからない馬券の選び方とは

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
競馬ファンにとって熱いシーズンがやってきた

 いよいよ開幕した秋のG1シーズン。その第1弾となった第48回スプリンターズステークスは、13番人気のスノードラゴンが勝利し1番人気のハクサンムーンが13着に敗退するなど難解な結果となっただけに、多くの競馬ファンが悔しい思いをしたようだ。

 競馬マスコミと言われるスポーツ紙や競馬専門紙を見ても、ほとんどがスノードラゴンはノーマークだったようで、やはりプロの目から見ても難しいレースだったといえるだろう。

 しかし、そんな波乱のレースでも的中させた競馬ファンはいるわけで、ここに明確な勝者と敗者が存在する。もちろん、多くの競馬ファンが勝者となることを夢見ており、日々切磋琢磨して的中力のアップを目指しているのだ。ところで的中率をアップさせるには、大きく2つの方法がある。

 1つ目は、自分で情報を集めて予想する。2つ目は、誰かの予想に便乗する。

 自分で予想して的中させるのは競馬ファンにとって醍醐味だが、結論を出すまでに多くの時間と手間がかかるというデメリットがある。さらに予想力や知識も必要とされるわけで、初心者や残業に追われて時間がないビジネスパーソンにとって一筋縄ではいかない。

 しかし信頼でき、さらに的中実績もある誰かの予想に便乗すれば、手間も時間も不要となり、非常に効率が良いといえる。

 そこで、歴史と実績のある競馬予想会社を探した。創業33年の歴史を誇るホースメン会議は、かつて「競馬の神様」と呼ばれた伝説の競馬予想家・故大川慶次郎氏が創設した会社だ。大川氏は、一日に行われる全レースで予想を的中させる“パーフェクト的中”を成し遂げ、さらにテレビなど多くのメディアでも活躍して絶大な人気を博した。その大川氏が掲げた「一人でも多くの方に競馬の素晴らしさと勝つ喜びを」との遺志を受け継ぎ、東西を代表する競馬記者や元騎手が競馬ファンに予想を提供している。

 そのホースメン会議は、先週のスプリンターズSで三連複(馬番号三連勝複式勝馬投票法/1着から3着までに入る馬を当てる馬券)で、1万9580円という万馬券を的中させたという。