NEW
吉田潮「だからテレビはやめられない」(10月13日)

“面白い”トーク番組の条件を検証 具志堅用高とカマキリを熱弁する香川照之のノーブルさ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『アナザースカイ』公式サイト(「日本テレビHP」より)
 主要なテレビ番組はほぼすべて視聴し、「週刊新潮」などに連載を持つライター・イラストレーターの吉田潮氏が、忙しいビジネスパーソンのために、観るべきテレビ番組やテレビの“楽しみ方”をお伝えします。

 気になる人が出るなら観る。それが、ゲストを迎えて繰り広げられるトーク番組だ。私が好きなのは、ゲストに肉迫し、新たな一面を見せてくれる系。ただ単にMCがしゃべくりまくるだけで、ゲストの知られざる顔をお披露目してくれないと新鮮味は出ず、既視感にうんざりして終わってしまう。いくつかあるのだが、2つのタイプに分けてみよう。

(1)MC先行&暴走系

 まずは、鉄板&長寿番組の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)。時間帯が変更したが、違和感がなくすっかり定着した。いにしえのとき、1000年前から徹子がお昼正午の顔だったような気もするほど。徹子の「人捌き」はこの後も1000年続くような気がする。

 もうひとつは『A-studio』(TBS系)。笑福亭鶴瓶が極秘取材まで敢行し、ゲストの別の顔に迫る。鶴瓶テイストがやや強いこと、そして映画や番組宣伝のニオイが強いところは気になるっちゃ気になるが、面白いことは面白い。話題のドラマに登場した俳優をいちはやく登場させる「阿漕で敏速な手癖」は感心する。同じくTBS系の『ぴったんこカンカン』も同様で、売れ筋俳優に手をつけるの早いしな。

(2)切り口新鮮&金かけてます系

 まったく異なる分野の人間同士がお互いに質問攻めし合う、いわばトーク番組異種格闘技戦が『SWITCHインタビュー達人達』(NHK Eテレ)だ。最近では、「哀川翔×武井壮」「西村賢太×稲垣潤一」など、トークが弾むというよりは微妙な化学反応を楽しむほうが面白い放送回もある。もちろん、ときどきNHKの番組宣伝臭があるのだが、その「人選の妙」に心躍るときも多い。

 もうひとつは『アナザースカイ』(日本テレビ系)。ゲストにとっての「海外にある、第二の故郷」を紹介する番組だ。一社提供スポンサーのJT、金もってんなぁ~と感心する。でも他のトーク番組に比べれば、断然クオリティが違う。芸人MCに頼りきった内容ではなく、「外国ロケ」という手間暇をかけ、ゲストを高みにもっていく接待感、そして知的水準は高めの設定。他番組との完全なる差別化に成功している。こういう金の使い方、大賛成だ。