NEW

アンチ・アマゾン運動、世界中で続発 日本では火種くすぶるも大爆発はしない?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「“アマゾンの独り勝ち”との声をよく耳にしますが、実は楽天などの競合企業も業績は伸びています。アマゾンがネット通販業界、ひいては関連事業を底上げしているのは間違いありません。ただ、成長スピードがあまりにも速いため、一部の関連事業がついてこられない側面もあり、運送業などはその一つです。企業の成長過程を『導入期、成長期、成熟期、衰退期』に分けると、アンチが出現するのは成長期と成熟期です。つまりアマゾンは現在その線上にあるということがわかります」

 運送業界首位のヤマト運輸と共にアマゾンの配送部門を支えてきた佐川急便が、要求に比べ対価が低すぎるとしてアマゾンとの取引から撤退したことは記憶に新しい。

「ネット業界はオムニチャネル化(複数の販売経路や顧客接点を連携させること)などで、ますます勢いが加速すると思われます。たとえ反アマゾンの動きがあったとしても、ネット通販拡大の流れを大きく変えるようなことにはならないでしょう。ただし、小・中規模の“反アマゾン爆発”が連続して起こる可能性は否めません」(坂口氏)

 アマゾンの日本経済への貢献度合いは決して小さくないが、同時に反アマゾンという火種を市場にくすぶらせているということなのだろう。
(文=東賢志/A4studio)