NEW

亀田誠治が“四つ打ち”曲が増えた理由を解説 「TKサウンドが若いバンドに影響を与えた」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 音楽プロデューサーの亀田誠治がJ-POPのヒット曲を分析するテレビ番組『亀田音楽専門学校 SEASON 2』(NHK Eテレ)。10月16日放送分では、ゲストのmiwaとともに「元気が出るリズム学」をテーマに講義を行った。

 冒頭、亀田はJ-POPの中で、あるリズムパターンが大流行していると語り、昨年の『NHK紅白歌合戦』を参考にそのパターンを洗い出していくことに。この日のゲストであるmiwaの「ヒカリへ」や、ゴールデンボンバー「女々しくて」、E-girls「ごめんなさいのKissing You」、きゃりーぱみゅぱみゅ「にんじゃりばんばん」、AKB48「恋するフォーチュンクッキー」を挙げ、亀田は「思わずノリノリになってしまうリズム、それが四つ打ちなんです」と、“元気が出るリズム=四つ打ち”であることを説明した。

・四つ打ちは土台がどっしりしている

 亀田は、このリズムパターンはバスドラムが1小節で4回等間隔で刻まれていることが「四つ打ち」の定義とし、1970年代に登場した海外のディスコ・ミュージックがその産みの親だと解説した。その後、日本では西條秀樹の「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」などでJ-POPとして四つ打ちが流行したという。

続きはこちら