NEW

一青窈が自身のルーツの向こうに見出した“歌“とは?「1回全部受け入れて、できることだけ書こうと」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
141021_hitoto_a.jpg

【リアルサウンドより】

 自分自身についてのあらゆることをあけすけに語っている。その向こうに、多くの人間たちの感情の大きなうねりがある。そんな印象を覚える作品だ。

 一青 窈の2年4ヶ月ぶりとなるフルアルバム『私重奏』(しじゅうそう)は、このアーティストのバックグラウンドから現在形までを集約したかのような仕上がりである。心の師と言える武部聡志は彼女の王道の世界に彩りを添え、かたや岸谷香、さかいゆう、盧廣仲(クラウド・ルー)といった初顔合わせのクリエイターたちは、そこにフレッシュな感覚を注入。バラエティな中に、楽しさと深みが共存する12曲となった。

 そして楽曲のモチーフとして最も鮮烈なのは、日本と台湾の国境をまたいだ自身のルーツに触れているところだ。台湾人の父と日本人の母の間に生まれ、しかもそのふたりともを早くに亡くした一青は、今までにもこの命題をいくつかの形で表現してきた。ただ、それを楽しい思い出だとか悲しい回想といったものではなく、もっと踏み込んだ次元で唄おうとしているのは、やはりアーティストとして進化を続けてきたゆえのことだろう。その隙間に、彼女の出自や育ちの特異性も垣間見える。しかもこの夏ヒットしたカバー曲「他人の関係」も含む本作は、とくに(広義の)ラブソングに一青の人間性がすり込まれていると感じる次第である。

・「台湾人の父と日本人の母が出会って、私が生まれて、その私が何で歌を唄ってるのか?」

――これはコンテンポラリーな感覚がありつつ、一青さんの人生が反映されているポップ・アルバムだと思いました。

一青窈:あ、ほんとですか? ポップと言ってくれると、すごくうれしいですね。このアルバムは曲ごとにアレンジャーが立ってくださったことで、バラエティに富んだというか。だから自分で聴いてても飽きないですね。

続きはこちら