NEW

演劇に出演するアイドルが増えた理由は? シーンの動向から背景を読み解く

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 AKB48の田野優花と、NMB48の梅田彩佳が、10月21日のニコニコ生放送『AKB主演ミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」 最終オーディション』で、見事主役・ドロシーの座を勝ち取り、ファンの間で話題となっている。

 アイドルが舞台に挑戦するケースはほかにも多い。AKB48グループだけでも、田野が10月23日から、主演舞台『トロイメライにさよなら』に出演するほか、SNH48/SKE48の宮澤佐江は、9月11~16日に上演されたミュージカル『AKB49~恋愛禁止条例~』で主演を務めた。ライバルグループである乃木坂46は、ミュージカル公演『16人のプリンシパル』を毎年行い、生田絵梨花は10月2~5日に上演されたミュージカル『虹のプレリュード』で主演。若月佑美は前田司郎作・演出の舞台 『生きてるものはいないのか』に出演中で、衛藤美彩と桜井玲香は、三宅裕司が演出を務める劇団スーパー・エキセントリック・シアターの『Mr.カミナリ』に、客演として出演することが決定している。

続きはこちら