NEW

サカナクション、『LIVE MONSTER』で創作術明かす「僕らが常に意識しているのは“良い違和感”」

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 10月29日にニューシングル『さよならはエモーション/蓮の花』をリリースするサカナクションが、10月27日の『LIVE MONSTER』(日本テレビ系)にゲスト出演。MCの中村正人(DREAMS COME TRUE)と、演出や作曲術について語り合った。

 冒頭、中村がサカナクションについて「ミュージックビデオを見たりして、番組開始当初からずっとお呼びしたかったバンド」と語ると、ボーカル・ギターの山口一郎は「恐縮です。テレビが苦手なので…」と答え、番組がスタートした。

 同番組では、ライブの裏側として『SAKANAQUARIUM 2014 TOKYO DOME CITY HALL』のリハーサルに密着。VTRでは、会場入り直後、観客の導線を確認し、さらにフロアへ出て音の鳴りをチェックする山口の姿が紹介された。映像内で山口は「ホールって音を鳴らすために出来てるし、ライブハウスは最初からスピーカーが積んであるけど、ホールになるとスピーカーを設置するところから始まる。どう鳴らすかっていうのを体感したい」と語った。中村は「やっぱり音響は気になる?」と質問を投げかけると、山口は「日本のミュージシャンの中では10本の指に入るくらいのPAオタクなので」と回答。また、「ライブ前に必ず行っていること」として、ギターの岩寺基晴が山口の背中を叩く映像を紹介。岩寺は「自然発生的にするようになった」と答えると、中村が「愛し合ってるねえ」と返し、これには山口も思わず照れ笑いした。

続きはこちら