NEW

乃木坂46松村不倫騒動、釈明内容に飛び交う“噂”?元ネタが?広がる他メンバーへの疑念

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CD『何度目の青空か?』(乃木坂46/SMR)
 アイドルグループ乃木坂46の人気メンバー松村沙友理が、大手出版社・集英社の妻子持ち30代社員A氏(仮名)との不倫スキャンダルを「週刊文春」(文藝春秋/10月16日号)に報じられたことで、ファンの疑念は他のメンバーにまで波及している。文春発売当日の8日、同じく人気メンバーの生駒里奈と共にMCを務めたラジオ番組『レコメン!』(文化放送)内で涙ながらに謝罪した。実はこの謝罪劇の裏側では、所属事務所サイドによるメディアへの強力な働きかけがあったという。スポーツ紙記者が明かす。

「本来、スポーツ紙や情報番組は『文春』発売日の8日、一斉に後追いして報じるところを、事務所サイドがこの日にラジオ番組内で謝罪&釈明させることを条件に報道を1日延ばすよう働きかけたのです。しかし、その努力も空しく、その松村の釈明がさらにファンの怒りを買うとともに、他のメンバーへの不信感を募らせる結果になりました」

『レコメン!』内で松村が語った釈明の内容といえば、A氏とは東京・新宿の書店で声をかけられたのが出会いのきっかけであり、集英社に勤めていることも既婚者であるということも知らなかったというもの。さらに、写真が掲載された“路上キス”については、慣れないお酒を飲んでしまったことが原因のハプニングであり、それ以上の関係はないというかなり苦しい内容だった。

 この釈明内容について芸能事務所関係者は、対応のミスを指摘する。

「A氏の家族や立場を気遣って考えたコメントなのでしょうが、結果的に『ナンパにほいほいついて行った』というイメージは免れません。“恋愛禁止”を謳う乃木坂46にとっては難しい選択ですが、ここまできたら潔く認めて謝罪したほうが印象はよかったのではないでしょうか」

 また、アイドル専門誌記者も今回のスキャンダルが乃木坂46に与える悪影響について次のような見方を示す。

「“公式ライバル”である本家・AKB48以上に清純派を売りにしているだけに、乃木坂46ファンはアイドル好きの中でも清純派好きが大半。そんなファンからすれば、男性タレントとの熱愛や過去の男性問題が露呈したこともあるAKB48のメンバーのスキャンダルよりも、“不倫疑惑”という非倫理的な松村のスキャンダルは最大の裏切り行為といえます」

●釈明内容に元ネタ?


 実はそんなファンたちの間では、今回の松村の釈明内容をめぐりある噂が広がっているという。