NEW

J-POPのヒット曲に多用される“純情コード進行”とは? 亀田誠治とスキマスイッチが仕掛けを分析

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルサウンドより】

 音楽プロデューサーの亀田誠治がJ-POPのヒット曲を分析するテレビ番組『亀田音楽専門学校 SEASON 2』(NHK Eテレ)。10月30日放送分では、ゲストのスキマスイッチとともに「恋するコード学~純情編~」をテーマに講義を行った。

 冒頭、亀田は「J-POPにはきれいに流れるコード進行がある」として「C→G/B→Am→Em/G→F→C/E→Dm→G」という多用されているコードを“純情コード進行”と名付けて説明、その代表例としてAKB48「恋するフォーチュンクッキー」、松任谷由美「守ってあげたい」、光GENJI「勇気100%」を挙げた。

続きはこちら