NEW

地方競馬、長期低迷から脱却なるか?新ファン層獲得狙い、ナイター競馬やイベント開催

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 公営ギャンブルというと、どうしても「汚い」「おじさんの遊び」「治安が不安」といったマイナスイメージをお持ちの方も多いのではないか。だが、近年は若手や家族層への積極的なPRの効果もあってか、競馬場の雰囲気は少しずつ変化を見せている。

 地方競馬全国協会によれば、2013年度の総売得金額の全国計は3553億3044万1500円(前年比106.8%)で、2年連続の増加。1日平均に目を向けても約2億7934万7800円(同115.8%)で、こちらも3年連続の増加となっている。13年度に開催があったすべての競馬場で、総売得金、1日平均売得金ともに前年を上回っており、運営状態は上向きつつある。

 上向いているとはいっても、地方競馬が置かれている状況は依然として厳しい。地方競馬の売り上げは、1991年度をピークに長期低迷傾向にあり、00年代には、大分・中津、新潟・新潟、栃木・足利、宇都宮、島根・益田、山形・上山、群馬・高崎と各競馬場の廃止が相次いだ。10年以降も、熊本・荒尾、広島・福山の各競馬場が廃止され、現在においても、愛知・名古屋競馬、北海道・ホッカイドウ競馬、岩手・岩手競馬のように多額の累積赤字を抱え、存続が危ぶまれている地方競馬もある。

 各地方競馬主催者は生き残りをかけ、ファン獲得のためにさまざまな取り組みを行っている。今回は、兵庫県競馬組合が主催する「そのだけいば・ひめじけいば」を例に見ていきたい。

●ナイター実施がもたらした大きな変化


 兵庫県競馬組合は、10年度に約5億5000万円の赤字を計上し、構成団体の一つである兵庫県の方針として、同年から5年間を競馬事業存続の見極め期間と定められた。早期の経営立て直しを求められた同組合が、売り上げ改善の起爆剤として選択したのがナイター競馬の開催だった。

 12年の9月から短期開催でスタートしたナイター競馬は、翌13年にはフルシーズンを通して実施。結果、13年度はナイター開催が行われる金曜日の来場者数の前年度対比は115.7%、売り上げは135.8%を記録した。

 広報担当者によれば、ナイター実施により来場者の層にも大きな変化があったという。

「今までの固定化したファン層が徐々に高齢化してきており、新しいファン層の呼び込みが課題でした。そこで、ナイター競馬の実施の際に『誰にでも親しみやすい競馬場に』をコンセプトに掲げ、トイレの整備から、定期的なイベント開催など、女性でも来場していただきやすい競馬場づくりを目指すようになりました。ナイター実施後は、若い会社員や家族連れ、女性グループなど、今まで少数派だった方々の占める比率が確実に増えてきています」