NEW

デング熱より怖い致死率30%を超える新種のウイルス。その媒介者は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

2013267635186.jpg

SFTSウイルスはマダニが媒介者となる

●致死率30%超のウイルス感染症が日本で発生


 日本国内を震撼させたデング熱騒動。ヒトスジシマカが媒介するデングウイルスにより発症するこの感染症の患者数は100人を超え、首都圏を中心に騒動が続いた。しかし、デング熱は感染者の約80%は無症状。重症化するのは感染者の5%ほどで、その一部が死に至る。極論すれば、感染しても多くの人はほとんど問題にならない。

 ところが、この騒動の陰で、致死率30%超という新種のウイルス感染症が日本で発生しているのをご存じだろうか。

 問題の感染症は、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)。SFTSが最初に確認されたのは2009年で、中国の湖北省と河南省の山岳地帯での集団発生。11年になって中国の研究者が、この原因がマダニが媒介する新種のウイルス(SFTSウイルス)であると報告した。


●患者数101人のうち30人が死亡

 主な症状は発熱、おう吐、下痢、頭痛、筋肉痛などで、アフリカで猛威を振るっているエボラ出血熱のような下血や血便などの出血症状も確認されている。ごく初期は症状だけで他の病気と見分けがつきにくい。